男性不妊のセルフケア

男性も体を見直す必要があります!

健康な男女が避妊をせず夫婦生活を営んでいるのに、2年以上妊娠しないことを不妊症といいます。女性は生理不順や生理痛がひどいなどの症状があると、妊娠しづらいのではないかと潜在的に思っているのですが、男性は射精できれば異常はないと思いがち。しかし、実際は不妊の原因は男女半々だと考えられています。

妊娠はパートナーの力が不可欠です。男性も体をチェックすることが大切です。男性が妊娠力を上げるために普段の生活の中でできることを、ぜひ取り入れてください。

毎日の心がけで精子は変えられる

染色体の異常で精子形成ができないなど、根本的なトラブルがある場合は精子の状態は変えられません。しかし病気がない場合、精子は毎日作られるので、普段の心掛けである程度精子の状態はいい方向に変えられます。

健康な体を維持して精子の細胞分裂を活発にする、睾丸が精子を作るのに最適な32〜33度を保つ、睾丸を適度に刺激して血液の流れをよくする、古い精子をためないよう定期的に放出する、といったこと。生成から射精まで約72日かかるため結果が出るには約3ヵ月近くかかります。

精子をいい状態にするために心がけたいこと

@朝食は必ずとる
A適正体重、ダイエット
BビタミンCをとる
CビタミンEをとる
D亜鉛をとる
E豆腐、納豆、味噌などの大豆食品をとる
Fアルコールを減らす(ビールなら一日1杯)
G下着をフカフカのトランクスに替える
Hきついジーンズや、パンツをやめる
Iサウナ、長湯を控える
Jコーヒーをやめる
Kマスターベーション、あるいはSEX(射精)を週2回以上する
L起床時、寝る前、睾丸を3分間手で軽くもむ、マッサージする(他人の手でも可)
M禁煙
Nパソコン作業を一日2時間以内にする

男性不妊サプリ