男性不妊の良くある質問

男性も体を見直す必要があります!

食材やサプリ、性欲、ストレス男性の妊娠力に気になる良くある質問をまとめました。

男性不妊どうしたらわかる

男性不妊の症状はないことが多いので、精液検査を受けましょう。 男性側に不妊原因がある場合、射精・勃起障害など性行為に問題がある場合と、精子に問題がある場合があります。性欲減退は一つのサインですが。精子にまつわる男性不妊の原因(乏精子症、無精子症、先天性精管欠損症など)は無症状であることが多いもの。なかなか妊娠しない場合は、精液検査を受けることをおすすめします。

男性不妊のサプリは?

抗酸力があるナッツや緑黄色野菜がおすすめです。 細胞をサビつかせる治生酸素を除去する、抗酸化作用のある食品(ナッツや緑黄色野菜など)は、精子や卵子の老化を防ぐので積極的にとりましょう。男性不妊のサプリとしては細胞のエネルギー源となるミトコンドリアのサプリメントもおすすめです。

性欲が少ないと妊娠しづらい?

性欲減退は病気のサイン一度検査をしましょう 性欲は、食欲、睡眠欲と並んで人間の3大欲求の一つ。それがなかったり、少ないということは、心身の不調や疾患が隠れている可能性があります。妊活の前にまずは検査をして、原因を探って。男性不妊を扱う医療機関で相談できます。

ストレスが多いと精子の質が悪くなる?

ダイレクトに関係することはありませんストレスがあると性欲が低下するなど、妊活に悪影響を及ぼすことはあります。しかし、だれしも仕事や人間関係で、ストレスはあるもの。精子の質にダイレクトに影響することはありません。

精子の運動率を上げるには

「運動率を上げるためにできること」というよりは、「体にとって悪いことをやめる」こ とに目を向けてみましょう。タバコ、過度のアルコール、肥満などに気をつけることは、健康、ひいては精子カアップにつながります。

精液検査は何度する?

精液検査でデータがよかった場合は、自信を持って性生活を続けてください。1年たって授からなければ、また検査をすればいいでしょう。数値が悪かった場合は、念のために2週間後に再検査をすることはあります。担当医師の指示に従いましょう。

職業によって精子の質は変わる?

以前、極端に高温の環境で仕事をしている患者さんで、精子の運動率が低いかたがいらっしゃいました。そういう特殊な例以外には、職業によって精子の質が変わるということはありません。

男性不妊の検査を受けるには

不妊の原因の半分は男性側にあります。ですから精液検査は、赤ちゃんを授かるために必要なこと。「めんどくさい」「恥ずかしい」といった気持ちもわかりますが、命を授かるためにはこだわるべきことではありません。という話をしても、なお納得してもらえないようでしたら、半ば強引に男性不妊の検査に連れていくしかない。そのくらい精液検査は重要です。

男性不妊に関係あることは

夕バコや食事、睡眠に気をつける、睾丸をあたためすぎないように気をつけるなど生活習慣を変えるだけで改善する例もあります。対策の一つとして、生活習慣の見直しはぜひとり入れてください。